スケルトン工事と原状回復工事|埼玉県川越市

TEL050-5216-1530
受付:9:00~18:00 土日祝休

スケルトン工事

photo

スケルトン工事とは、建物の内部だけ共用部分を残し、仕上げ材を解体し、躯体だけにしてしまう工事のことです。スケルトン工事の注意点は、天井内・壁内・床下内などの中に共用部分の電線・旧排水管が埋設されているケースが多いことと、施工図面を基に工事を進めるのですが、図面通りに施工がなされていないのが現状です。そのため、内装解体は経験と実績が重要になってきます。

原状回復工事

photo

原状回復工事とは、賃借部分を契約前の状態に戻すことを言います。通常の賃貸契約では、借主の原状回復義務の条項があります。原状回復がスケルトンの場合もありますし、建築復旧工事をしなければならない場合もあります。

原状回復の費用

店舗やテナント、工場などのスケルトン戻しが必要となる原状回復費用は、大きく分けると「造作物の解体費用」と「廃棄物の処理費用」の2つに分けられます。

造作物の解体費用

看板や建物内部の壁・天井・床をはじめ、カウンターや厨房など借主が設置したものを解体し、撤去するために必要な費用です。

廃棄物の処理費用

造作物の撤去時に発生する木材・コンクリートなどの産業廃棄物の運搬処理費用と、厨房用品などの廃棄物の運搬処理費用です。

家具など一般廃棄物として処理出来る物については、業者に処理を任せると産業廃棄物として扱われるため、同じ廃棄物であってもその処分費用はかなり高くついてしまいます。出来るだけ原状回復費用を安く抑えたいのであれば、工事前に市区町村の行政サービスなどを利用し、イスやテーブル、什器などを一般廃棄物(粗大ゴミ)として処理されることをお勧めします。

↑ PAGE TOP